【これで解決】セフレに聞いた出会い系で出会えない男の特徴7つ

2020年1月23日

こんにちは。まさきです。

 

僕は出会った女の子やセフレとの会話で、”会いたいと思わない男性”の話を聞くことが多いんですね。

 

『それは出会えないよなぁ…』と思う話ばかりなんですが、その中でもセフレたちが口を揃えて言う”典型的な特徴”があるんですよ。

 

ただ、こういうことって言われないと気付かないものなんですよね。

 

せっかくこのブログを読んでくれてるあなたには、僕みたいにセフレを作れるようになって欲しいんです。そのつもりで立ち上げたブログですから。

 

ということで、今回の記事は『もしかして俺もそうなってるかも・・・』って思いながら読んでもらえればな、と思います。

 

最後まで読めば、出会いを増やす秘訣がわかりますよ(`・ω・´)b

 

知名度の低いサイトを使っている

このブログでは何度か書いてきましたけど、“知名度の低いサイト”や“新しくできたばかりのサイト”は出会えないんですよね。

 

なぜなら、マイナーなサイトは男性を集めるために、サクラを大量に用意して女性会員が多いように見せかけてるからです。要するに、本物の女の子はいないんですね。

 

じゃあ、サクラがいなくて、ちゃんと出会えるサイトはどれかと言うと、ハッピーメールPCMAXワクワクメールイクヨクルヨの4つです。(すべて18禁)

 

この4つは出会い系業界の最大手だから、サクラを使うなんて詐欺みたいなマネはしません。もしサクラを使っていたら、悪評で炎上して、大手になんてなれませんからね。僕が9年間も使い続けて、60人以上とタダマンできてるから間違いありませんよ。

 

あ、でも業者とかパパ活女子とかの、お金目的の人たちは紛れ込んでいます。こういう人たちと関わりたくないのなら、「【必読】出会い系で3万円課金してわかったサクラや業者を避ける手順」を読んでおくのがオススメです。

 

イケてないのにプロフィールに顔写真を載せている

僕みたいに顔がアレな人が顔写真を載せちゃうと、一発NGなんですこれは「ブサメンは出会い系でプロフィールに顔写真を載せる必要があるのか?」で詳しく書いてますけど、プロフ写真を載せていたら最初に見られるのはプロフ写真ですもん(^-^;

 

ブスな女の子のプロフはソッコーで閉じちゃうのと同じですよね。

 

ですが、顔に自信がない人はプロフ写真ナシのほうが良いってことではないんですよ。

 

あなたの”人となり”がイメージでしてもらえる、後ろ姿の写真を載せるのがベストです。僕はこれでセフレを作りまくってるんですよ。こっちからメールを送らなくても、女性からアプローチがきてセフレになるパターンもありますからね。

 

結局は顔写真の交換をするんですけど、楽しくやり取りできていれば『顔はイマイチだけど、良い人そうだからメールを続けても良いかな』ってなるんですよ。

 

こういう人間の心理を活用した方が、確実に出会いは増えるんですね。

 

ただ、後ろ姿の写真にもコツがあるんです。まあそれについては、「【顔出しナシ】僕が出会い系でセフレを量産できているプロフ写真の撮り方」に詳しく書いてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

プロフィールに空欄が多い

プロフに空欄が多いと、どんな人なのかイメージしづらいですよね。

 

プロフィールは“自己紹介”です。

 

しかもリアルの自己紹介と違って、”いつでも””何回でも”修正できるのに、己紹介もまともにできない人と『仲良くなりたい』と思う人なんていません。

 

『え?え?この人、大丈夫?』と思われて一瞬で無視対象です。プロフ写真が超イケメンなら別でしょうが、まぁメールをくれるのは、業者とかのお金目的の人くらいでしょうね(;^_^A

 

もしあなたのプロフに空欄があったら、「出会い系でセフレを作るならプロフィールはこう書く!【例文あり】」を参考にして作り直してみて下さい。

 

大事なのは、「プロフを見た女性がどう思うか」を想像しながら作ることですよ。

 

 

一回目のメールが短文

意外と多いのが、『こんにちは』だけとか『よろしくお願いします』しか送らないパターンですね。

 

女性はログインするだけで、1日に20通以上のメールが男性から送られてくるんですよ。その中には、挨拶から始まって自己紹介、そして相手のプロフを読んでお互いの共通点や興味を感じた部分を伝えるという、完璧な流れでメールを送る男性もいるんですね。

 

もう、短文メールと比べると、“人としての信用度”が雲泥の差ですよね。

 

女の子はいちいち全部のメールに返信してられないし、出会いまでつなげたいわけですから、そりゃ信用できそうな人を選んで返信します。

 

もし短文メールを送っちゃってたら、『どんなメールなら、返信しやすいか』を真剣に考えてみて下さい。まあコレって、一回目のメールに限ったことではないんですけどね。

 

ちなみに、1通目のメールだったら↓の流れでメールをするのが一番返信率が高いですよ。

「挨拶 ⇒ カンタンな自己紹介 ⇒ プロフを読んで共通点や興味を感じた部分を伝える」

 

最初からタメ口

敬語を使わない人はマナーが足りないと思われちゃうから、信用されづらいんです。

 

エロ目的の女性だって、相手は誰でもいいわけじゃないんです。信用できる人と、心も体も満たされる時間を過ごしたいものなんですよ。

 

なので、相手が年下だろうが、最初は必ず敬語でメールが鉄則です。タメ口は何回かやり取りをして、仲良くなってからですよ。

 

でも、少しずつタメ口にしていくのも良くないですね。たまにいるんですけど、『なんでコイツ、タメ口になってんの?』って思われます(´-∀-`;)

 

僕はメールで話が盛り上がってるときか、実際に会ったときに『○○さん、敬語は使わなくて大丈夫ですよ(^^)』と伝えるようにしているんですね。

 

これだと『じゃあ、まさきくんも敬語なしでね!』って絶対に返してもらえるし、お互いに違和感を感じずに敬語をやめれるんですよ。

 

 

自分の都合を優先している

たとえば、『ポイントがなくなりそうなのでLINEでやり取りしませんか?』とか、『もう退会するつもりなので直接やり取りしませんか?』って送っちゃうパターンですね。

 

ポイントがとか、退会するからとか、会ったこともない女性からしたら『あんたの都合なんかしらねーよ( ´―`)』って感じです。連絡先交換はしてくれるかもしれませんが、完全に好感度ダウンなんですよ。で、そのうちフェードアウトされます。

 

慎重な女性なら、『この人、いつも自分の都合を押し付けてくるのかな。コレは地雷だわ…』って考えて、返信しなくなりますからね。

 

連絡先の聞き方は、『もしよかったら、LINEでやり取りしませんか?』という感じで十分なんですよ。これ以上、付け足す必要はありません。

 

ただ、それまでにしっかりとコミュニケーションを取っておかないとダメですよ。

 

まあ、例としてLINE交換するときの聞き方を出しましたけど、“会う日時を決めるとき”とか、“場所を決めるとき”とか、“雑談”とか全部が同じことです。

 

特に実際に会って仲良くなる前は、自分の都合を優先させないのが基本ですね。

 

会ってもないのに“あなたは特別”って感じを出す

コレも要注意です。

 

たとえば、会ってもないのに『○○さんのおかげで、出会い系を始めて良かったと思ってます!』みたいな、“特別感”とか“好意”を感じさせるメールですね。

 

はっきり言って、コワいです…(´-∀-`;)

 

なんかもう、執着心が強くて思い込みが激しい人って思われちゃいます。僕のセフレも『束縛とかストーキングされそうで怖い』って言ってましたからね。

 

だって、まだ会ってもないし、ちょっとメールしただけなんですよ。いくら何でも、早すぎますって…

 

実際に会う前は、メールの文面で「相手がどんな性格なのか」をイメージするしかないんですよ。で、女性は男よりも警戒心が強いから、良かれと思って送った言葉がマイナスに受け取られることだってあるわけです。

 

こうならないようにメールをするには、送信する前に読み直して『今の関係性で、これを言ったら変な感じに思われないかな』って真剣に考えてみることです。

 

・・・なんか同じようなことばっか言ってる気がしますが、原因を根本的に解決して出会えるようになるには、本当にこれしか方法がないんですよね(;´∀`)

 

最初は難しいかもしれません。でも、女性の反応を見ながら工夫していけば、コミュニケーション能力が鍛えられて必ず出会えるようになりますよ。

 

最後に

というわけで、セフレから聞いた『コレは絶対に出会えないだろ』っていう代表的なパターンを紹介しました。

 

まあ細かいこと言うと、書ききれないほどあるんですけどね。

 

とは言っても、使っている出会い系サイトが間違っていなければ、出会えない原因は必ずあなたのプロフかメールにあるわけです。

 

出会い系みたいなネット上の出会いでも、結局は人と人とのコミュニケーションなんです。

 

画面の向こう側にいる女性のことを思いやるのが、出会って良い関係を築くための近道なんですよ。

 

うん。最後にめちゃ良いこと言ったなぁ(´∀`)←自画自賛

 

まさき

 

まさきのプロフィール
お問い合わせ
TOPに戻る